amazonで見られる美術系映画を集めました。

amazonで見られる美術系映画を集めました。

ポール・セザンヌ
セザンヌと過ごした時間(字幕版)2017

エクス=アン=プロヴァンスで出会い、幼い頃から夢を語り合ったセザンヌとゾラ。やがてゾラはパリに出て、新聞の評を書きながら小説家として成功を収める。一方、セザンヌも画家を目指してパリで絵を描き始め、サロンに挑むが落選続き。栄光を手にしたゾラと、心を閉ざしていくセザンヌ。そして、ゾラの別荘で久しぶりに再会したふたりは、「ある画家」をモデルにしたゾラの新作を巡って口論となる…

サルバドール・ダリ
天才画家ダリ 愛と激情の青春(字幕版)2012

1915年、コートダジュール。人生の黄昏時を迎えていたルノワールは、病に冒され満足に絵筆が握れなくなっていた。追い打ちをかけるかのように、最愛の妻を亡くし、そして、息子のジャンが戦地で負傷したという悪い知らせも届き、失意の底にいた…。しかしある日、彼の前に突然現れた、溢れんばかりの生命力と輝くような美しさを持つアンドレが画家としてもはや得ることはできないだろうと思っていた活力を、ルノワールに吹き込む—。そしてルノワールはアンドレを最後のモデルに、「浴女たち」の創作を開始する—

≒草間彌生 わたし大好き 2017

映画は、最新作となるF100号のモノクロ作品シリーズ「愛はとこしえ」50作が完成するその貴重な瞬間に密着する。今まで観ることの叶わなかった、草間の創作活動と日常。自らを天才と自負する揺るぎ無き自信、作品に挑むときの凛とした精神の高み、日常の佇まいに見え隠れする人間味あふれる表情と仕草など、映像の一つひとつが解き明かす草間ワールドは、永遠に見続けていても決して飽きることがない。

フィンセント・ヴィレム・ファン・ゴッホ
ゴッホ 最期の手紙(字幕版)2017

愛か、狂気か。 愛されつづけた名画の数々が、作者の死の真相を明かすべく100年の時を経て動き出す。 世界初、全編が動く油絵で構成される珠玉の体感型アートサスペンス映画。

オーギュスト・ロダン カミーユ・クローデル
ロダン カミーユと永遠のアトリエ(字幕版)2017【PG12】

1880年パリ。彫刻家オーギュスト・ロダンは40歳にしてようやく国から注文を受ける。そのとき制作したのが、後に《接吻》や《考える人》と並び彼の代表作となる《地獄の門》である。その頃、内妻ローズと暮らしていたロダンは、弟子入りを願う若いカミーユ・クローデルと出会う。 才能溢れるカミーユに魅せられた彼は、すぐに彼女を自分の助手とし、そして愛人とした。その後10年に渡って、二人は情熱的に愛し合い、お互いを尊敬しつつも複雑な関係が続く。二人の関係が破局を迎えると、ロダンは創作活動にのめり込んでいく。感覚的欲望を呼び起こす彼の作品には賛否両論が巻き起こり…。

ル・コルビュジエ アイリーン・グレイ
ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ(字幕版)2017

1920年代、のちの近代建築の巨匠ル・コルビュジエは、気鋭の家具デザイナーとして活躍していたアイリーン・グレイに出会う。彼女は恋人である建築家兼、評論家のジャン・バドヴィッチとコンビを組み、建築デビュー作である海辺のヴィラ〈E.1027〉を手掛けていた。陽光煌めく南フランスのカップ・マルタンに完成したその家はル・コルビュジエが提唱してきた「近代建築の5原則」を具現化し、モダニズムの記念碑といえる完成度の高い傑作として、生みだされた。当初はアイリーンに惹かれ絶賛していたル・コルビュジエだが、称賛の想いは徐々に嫉妬へと変化していく…。

昭和49年の東京。30年間自宅のちっちゃな庭を探検し、草花や生き物たちを飽きもせずに観察し、時に絵に描く画家モリ(94歳)と、その妻秀子(76歳)。52年の結婚生活を共にした味わい深い生活道具に囲まれて暮らすふたりの日課は、ルール無視の碁。暮らし上手な夫婦の毎日は、呼んでもいないのになぜか人がひっきりなしにやってきて大忙し。そんなふたりの生活にマンション建設の危機が忍び寄る。陽が差さなくなれば生き物たちは行き場を失う。慈しんできた大切な庭を守るため、モリと秀子が選択したこととは-。

竹久夢二
夢二 愛のとばしり 2016【R15+】

竹久夢二の生きた「素敵な情景」として輝きを放ち続けている大正時代。夢二は、「美人画」のモデルとなった妻・たまきと息子の三人で絵画の店を営みながら暮らしていた。生活のために絵を描くことを選択した夢二だったが、現実的な日常にどこか不満を抱く芸術家としての自分との葛藤に筆の進まない日々を送っていた。一方、男としては妖艶な色気を放ち、女性ファンが絶えない。そんなある日、運命の女性彦野と出会い、彼女との愛に溺れていく。家を顧みない夫・夢二の変化に苦しみ、やがて夫婦生活は崩壊をきたしてしまう。そして、夢二の思いは一途に彦野へと向かうのだが。

フランシスコ・デ・ゴヤ
宮廷画家ゴヤは見た(字幕版)2009【R18+】

時は18世紀末から19世紀初め、動乱のスペイン。ゴヤは宮廷画家という名誉の絶頂にいながら、権力を批判する絵画を描いていた。彼にとって絵筆は、人間の本質を見つめる目であり、悪を暴く武器なのだ。ある日突然、イネスが、ロレンソが指揮する異端審問所に囚われる。彼女を救おうとしたゴヤが見た、驚くべき“真実”とはー?

アルベルト・ジャコメッティ
ジャコメッティ 最後の肖像(字幕版)2017

1964年、パリ。個展が始まったばかりのジャコメッティがアメリカ人作家で友人のロードに、「肖像画のモデルになってほしい」と声を掛けた。憧れの作家直々の指名に名誉と好奇心を感じた彼は、2日あれば終わるとの言葉を信じてイポリット=マンドロン通りにある巨匠のアトリエへ向かった。ところが、愛人カロリーヌの突撃訪問やジャコメッティのスランプもあり、セッションを重ねても肖像画は進まない。いつになったら肖像画は完成するのか。本能と信念のままに生きるジャコメッティのすべてを記しながら、ロードは不安に駆られていた。

ベルト・モリゾ
画家モリゾ、マネの描いた美女~名画に隠された秘密(字幕版)2015

パリ16区のサロンに出品していたベルト・モリゾは、ルーヴル美術館で姉と摸写をしている時、既に美術界では名をなしていたマネと会い、モデルを依頼され彼のアトリエに通うことになる。女性は家庭に入るものという時代、画家を目指すモリゾは数々の苦悩を乗り越えていく。時代に翻弄されながら、夢を追い続けた女性の人生の物語。

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
赤い風車(字幕版)1953 prime【13+】

19世紀末、モンマルトルのキャバレー「ムーラン・ルージュ」に夜毎出没し踊り子たちを描き続けたロートレック(ホセ・ファーラー)。名門に生まれたが、近親婚と幼時の骨折事故のため両脚の成長が止まってしまった彼は、恋に破れ、酒に溺れながらも絵画への情熱は衰えることがなかった。

ポール・ゴーギャン
ゴーギャン タヒチ、楽園への旅(字幕版)2018【R15+】

1891年パリ。画家として名をなしながらも、作品が売れず行き場を失っていたゴーギャン(カッセル)は、都会生活の窮状から脱出するために、絵画制作の場をフランス領タヒチに求め、妻と5人の子どもたちを残して一人旅立つ。病に襲われながらも、画材一式を携え島の奥地の森へと分け入っていくと、彼が求めた”野生の美”の輝きを放つ少女・テフラ(アダムス)との運命の出会いを果たす。新たなインスピレーションを得た彼の絵は、後年に傑作の評価を得ることとなる作品を次々に生み出していくのだが。相変わらず続く貧しい生活に、この楽園の地においても、苦悩の日々がゴーギャンに再び忍び寄っていく。

レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮 2016

時代を超えた“謎多き天才”レオナルド・ダ・ヴィンチ。その知られざる人物像と偉業、そこに残された謎を紐解くドキュメンタリー。映画には各分野の研究家が、レオナルドが天才と称されるゆえんを解説する。また、当時の彼を取りまく人々の目線から見たレオナルドの多才さと熱意を、再現ドラマでわかりやすく説明。彼が生み出そうとしたテクノロジーにも着目する。有名な<最後の晩餐><モナ・リザ>など代表作に加え、100点以上の素描が映像美で登場!ミラノの街から見る、レオナルド・ダ・ヴィンチのすべてが詰まった決定版!!

藤田嗣治
FOUJITA 2015【PG12】

1920年代、「乳白色の肌」で裸婦を描き、エコール・ド・パリの寵児となっていたフジタ。戦争を機に日本に戻り、数多くの「戦争協力画」を描いて日本美術界の重鎮に上りつめていく。5番目の妻である君代と疎開の村で敗戦を迎えることになるが-

アイ・ウェイウェイは謝らない(字幕版)2013

艾未未(アイ・ウェイウェイ)は中国随一の著名な現代芸術家であると同時に、最も声高な自国批判者である。2008年オリンピック大会の“鳥の巣”スタジアムのクリエイターのひとりとして参画をしながらも、オリンピック大会を糾弾し、危険分子のひとりとして注目されるようになり、2008年5月の四川大地震における校舎倒壊と五千人以上の学童の死についての調査したことにより、彼と中国政府の対立は決定的となってしまう。

ハン・ファン・メーヘレン
ナチスの愛したフェルメール(字幕版)2018 prime【16+】

1945年5月29日、画家ハン・ファン・メーヘレンは、ナチス国家元帥ゲーリングにフェルメール作の絵画を売った罪で逮捕・起訴された。ナチス協力者及びオランダ文化財略奪者の汚名を着せられ、長期の懲役刑を求刑された彼は驚くべき事実を告白する。「すべては自分が描いた贋作だ」と。

バスキア(字幕版)1997

1980年代ニューヨークで有名になることを夢見ていた若きストリート・アーティスト、ジャン=ミシェル・バスキア。美術評論家ルネに注目されたことから、アンディ・ウォーホルをはじめとする様々なアーティストに認められ、ニューヨークのアートシーンで一躍有名となる。彼の人気が急速に上昇する一方、親友、恋人、そしてルネの心は次第に彼から離れていってしまう・・・。

写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと(字幕版)2014

1940年代から絵画のように豊かな表現力でニューヨークを撮影したカラー写真の先駆者であり、「ハーパーズ バザー」や「ヴォーグ」など有名ファッション誌の表紙もかざった伝説の写真家ソール・ライター。しかし、芸術性よりも商業性が強くなったファッション写真になじめなくなり、次第に表舞台から姿を消していく。ところが2006年、写真集で定評のあるドイツのシュタイデル社から初の作品集が出版されると、80歳を超えた老写真家の再発見は世界中で熱狂的に迎えられ、パリのアンリ・カルティエ=ブレッソン財団では初の個展も開かれた。本作は、そんなソール・ライターの晩年に密着したドキュメンタリー。脚光を浴びることが苦手な写真家にたずねた「急がない人生で見つけた13のこと」とは?

デヴィッド・リンチ:アートライフ(字幕版)2018

アメリカの小さな田舎町で家族と過ごした幼少期、アーティストとしての人生に憧れながらも溢れ出る創造性を持て余した学生時代の退屈と憂鬱。後の『マルホランド・ドライブ』(2001年)美術監督である親友ジャック・フィスクとの友情。生活の為に働きながら、助成金の知らせを待った日々。そして、当時の妻ペギーの出産を経てつくられた長編デビュー作『イレイザーヘッド』(1976年)に至るまでを奇才デヴィッド・リンチ自らが語りつくす。

エルミタージュ美術館 美を守る宮殿(字幕版)2014

世界三大美術館といわれるのが、フランスのルーヴル(1793年設立)、米国のメトロポリタン(1870年設立)、そしてロシアのエルミタージュである。なかでも1764年創立のエルミタージュ美術館は最も古い(当時の日本は江戸時代第10代将軍、徳川家治の頃)。ビオトロフスキー現館長が美術館の歴史を語り、著名な彫刻家アントニー・ゴームリー、世界一の建築家といわれるレム・コールハース、そして美術館も巻き込まれたレ二ングラード包囲戦の生存者の貴重な証言などを織り交ぜ、ダ・ヴィンチの絵画、ミケランジェロの彫刻、ラファエロの絵画など世界最大級の美術館が、幾多の困難に合いながらも美術品を守り続け、250年の時を超えて今なお特別な存在である理由が明らかになる。

フィレンツェ、メディチ家の至宝 ウフィツィ美術館2015

近世のイタリア、フィレンツェを中心に、絶大な権勢と栄華を誇ったメディチ家。同家歴代の美術コレクションを所蔵し、ヨーロッパ最古の近代美術館の1つでもあるウフィツィ美術館の至宝の数々を、今回、最新の超高精細カメラを駆使して撮影。レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロ、ボッティチェリ、等々、イタリアルネサンスを代表する巨匠たちの名品を臨場感たっぷりにじっくり味わえる、美術ファン必見の一作に仕上がった。ナレーター役を務めるのは、民放の人気美術番組「美の巨人たち」でおなじみの小林薫。

ナショナル・ギャラリー 英国の至宝(字幕版)2015

ダ・ヴィンチ、ゴッホ、レンブラントなど巨匠たちの西洋絵画の傑作がずらりと揃う「名画の宝庫」ロンドンの中心、トラファルガー広場にあり、年間500万人以上が訪れる世界トップクラスの美術館ナショナル・ギャラリー。巨匠フレデリック・ワイズマン監督が、30年の構想を経て、英国の〈小さな美術館〉が〈世界最高峰〉と讃えられ、190年もの長い間、人々に愛され続ける―その秘密に迫る!

プラド美術館~絵は語る~1982【13+】

パリのルーブル美術館、ロンドンのナショナル・ギャラリー等とともに、世界有数の美術館であるプラドは、イタリア派、フランドル派、とくにスペイン派の代表作を集中的にコレクションしていることで極めて貴重であり、本作品では、エル・グレコ、ベラスケス、ゴヤなど、7000余点の収蔵品から87点を厳選、撮影には「けんかえれじい」「青春デンデケデケデケ」などの日本映画史に残る名作を手がけたカメラマン萩原憲治が参加、そのすばらしいカメラワークにより、芸術家たちの制作の秘密に迫ります。

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛(字幕版)2018【R15+】

17世紀オランダ、希少な品種の球根1個が邸宅1軒分に相当し、世界最古の経済バブルとして知られる「チューリップバブル」がピークを迎えていた。年の離れた、裕福なコルネリスと結婚した修道院で育ったソフィア。夫が夫婦の肖像画を、無名の画家のヤンに依頼する。キャンバス越しに見つめ合うヤンとソフィアが、恋におちる。許されない愛を貫きたいと願った二人は、ある計画を思いつく。

真珠の耳飾りの少女(字幕版)2004

17世紀のオランダ。画家のフェルメールの屋敷で使用人として働き始めたグリートは、ある日、アトリエの窓拭きをしたことで光を変化させ、フェルメールの創作意欲を刺激する。パトロンのファン・ライフェンが新たな集団肖像画を注文した。ファン・ライフェンに挑発されたフェルメールは、グリートの肖像画を描くことに。

黄金のアデーレ 名画の帰還(字幕版)2015

20世紀が終わる頃、ある裁判のニュースが世界を仰天させた。アメリカに暮らすマリア・アルトマン(82歳)が、オーストリア政府を訴えたのだ。“オーストリアのモナリザ”と称えられ、国の美術館に飾られてきたクリムトの名画<黄金のアデーレ>を、「私に返してほしい」という驚きの要求だった。伯母・アデーレの肖像画は、第二次世界大戦中、ナチスに略奪されたもので、正当な持ち主である自分のもとに返して欲しいというのが、彼女の主張だった。共に立ち上がったのは、駆け出し弁護士のランディ。対するオーストリア政府は、真っ向から反論。大切なものすべてを奪われ、祖国を捨てたマリアが、クリムトの名画よりも本当に取り戻したかったものとは―?

フェルメールの謎 ~ティムの名画再現プロジェクト~(字幕版)2014【13+】

テキサス州在住の発明家、ティム・ジェニソンが絵画の史上最大の謎のひとつに迫る-ヨハネス・フェルメールは、写真が発明される150年も前に、どのようにしてこれほど写実的な絵を描くことができたのか?ジェニソンの旅は10年の年月をかけ、オランダ、ヨークシャーの北部海岸でのデイヴィッド・ホックニー(画家)との会見、そして最終的にはバッキンガム宮殿にまで及んだ。壮大な謎解きプロジェクトの末に彼が発見したのは、同様に驚くべき事実であった…

ミケランジェロ・プロジェクト(字幕版)2015

第二次世界大戦、終戦間際。ドイツ軍はヒトラーの命により、侵攻したヨーロッパ各国の美術品を次々と略奪。その中には、レオナルド・ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」「モナ・リザ」、ファン・エイク「ヘントの祭壇画」、ゴッホ「ひまわり」、レンブラント、ルノワール、ロダン、ピカソ・・・・・・、そしてミケランジェロ「聖母子像」など、数々の名作が含まれていた。これらの歴史的財産の喪失を阻止するため、7人の男たちで結成された特殊部隊“モニュメンツ・メン”が立ち上がる。芸術のエキスパートで、戦争ド素人の彼らのミッションは、戦場の最前線でナチスが略奪した美術品の数々を“奪還”すること。まさに、史上最大最高額のトレジャー・ハンティングだった!